学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

9月13日(木)実施 鎌倉ツアー 参加者募集!

 

こんにちは、しろくまです。

 

 

昨年に引き続き、今年も鎌倉ツアーを開催します!!

 

今年で3回目となる鎌倉ツアー。

 

立正大学 仏教学部の先生と一緒にまわることで、

 

日蓮聖人の教えを身近に感じることができる旅です。

 

今回は訪問先に、新しく「龍口寺」を加えました。

 

江ノ電に乗り、海を見つつ少し遠くへ足をのばしませんか?

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20180720184906j:plain

 

7月21日(土)より申し込み受付開始です。

 

 

 

【日 時】

   2018年9月13日(木)

   集合8:40 JR鎌倉駅  東口

   解散15:40分(予定)龍口寺(江ノ電 江ノ島駅)

 

【コース】

   ①安国論寺

   ②妙法寺

   ③妙本寺

   ④辻説法跡

   ⑤龍口寺

 

【費 用】

   参加費無料(昼食付き)

   交通費のみ自己負担(500円程度)

   お昼代・参拝費等、ツアー参加に費用はかかりません。

 

【対 象】

   立正大学在学生・同窓生・一般の方

 

【お問い合わせ】

   学長室広報課(品川キャンパス8号館2階)

   TEL:03-3492-5250

 

【お申し込み方法】

    満員御礼!定員に達したため、募集を締め切りました。
   たくさんのお申込み、ありがとうございました。


(文学部  社会学科3年 しろくま

 



テストの季節がやってきました

 

こんにちは、法学部1年のおっちです。

初めての投稿となります。

 

さて、今回は皆さんが気になっていると思う授業とテストについて紹介したいと思います。

 

授業

 

まず、授業は90分で、大きい教室(100人以上入る)で行われることが多いです。

授業の最初にプリントいわゆるレジュメが配られます。レジュメは、授業の参考となります。

レジュメ以外に付け足したいことがある場合、個人でルーズリーフが必要です。

 

次に授業を受けるにあたっての注意点についてです。

授業は、出席を取るので、さぼらないようにしましょう。

法律科目は、日頃から予習、復習をした方がいいです。

一度分からなくなると、後が大変なので、気を付けて下さい。

f:id:RISSHO-RIScafe:20180720161152j:plain

 

 

課題

 

私が履修している科目で課題がでているものは、次のようになります。

  ・憲法 授業終了後、毎回小テスト

  ・民法 小テスト4回と任意レポート

  ・刑法 レポートと小テスト

  ・文学入門 レポート

 ※小テストやレポートの加点は、テストの成績が悪かった時に大分助かるので、

  必ずやりましょう。

 

先生によって成績の付け方が変わってきます。(テスト100%、小テスト重視など)

詳しくは、講義案内を見て確認して下さい。

 

テスト勉強のポイント

 

テスト勉強で気を付けなければいけないことが3つあります。

1つ目は、先生が授業内で話していた大事なところやテストの説明を聞くことです。

結構テストのことを話していることが多いので、聞き逃さないようにしましょう。

 

2つ目は、前もって早めに勉強することです。

法学部は、覚えることが多いので、2,3週間前から取り組みましょう。

3つ目は、記述の場合、前もって情報収集したり、文章を考えたりすることです。

法律科目は、記述が必ずといっていいほどあります。

内容は、授業で習ったことや応用(最近のニュースなど)です。

記述の配点はそこそこあるので、頑張りましょう。

f:id:RISSHO-RIScafe:20180720161344j:plain

 

いかがでしたか?

試験前には定期試験時間割が掲示されるので、必ず確認して下さい。

(ちなみに私はテストを7個受けます。レポートだけでいい授業は、3個あります。)

 

以上、法学部1年のおっちでした。

実は知らない!?【モラりす】の活動レポート

こんにちは!

学生広報(RISカフェ)メンバーのてむです。

今日は立正大学のマスコットキャラクター

「モラりす」をピックアップ!

f:id:RISSHO-RIScafe:20180710153949j:plain

モラりす(立正大学品川キャンパスの学生広場にて)

どんなキャラクター? なぜリスなの?

なんでモラりすっていう名前なの??などなど…

 そんなモラりすに関するギモンや誕生秘話などは、

過去にブログでご紹介しているので是非下記リンク先から読んでみてください(^^♪

rissho-riscafe.hateblo.jp

 

オープンキャンパスや学園祭、入学式や春の新歓活動などで

モラりすに会ったことがあるよ~!写真を撮ったよ~!という方、いらっしゃると思います。(ありがとうございます♡)

 

 しかし、モラりすは学内イベントにたま~に現れる、単なるの可愛いマスコット♡ではないのです!

皆さんは、モラりすが学内外で立正大学の顔として、さまざまな地域貢献活動を行ってきたこと、ご存知ですか??

 

今回は

みなさんが実は知らないモラりすの活躍

を振り返り、ご紹介したい思います!

 

熊本地震 募金活動!

2016年には熊本地震の復興支援のための募金活動を品川キャンパス内で行いました。

モラりすも募金箱を抱え、学生の皆さんに募金を呼びかけ、

総額118,692円を集めました。

 

熊本地震 募金活動を行うモラりす(品川キャンパス)

学生広報の公式Twitterや、モラりすレポートのサイトからもその時の様子をご覧ください。

 

SL熊谷キャンパス50周年号のお見送り!

2017年、立正大学の熊谷キャンパスは開設50周年を迎えました。

その記念事業として、「SL立正大学熊谷キャンパス開設50周年記念号」が、

秩父鉄道の熊谷駅と三峰口駅を往復運行しました!

SL 50周年記念号を見送るモラりす

モラりすもイベントに参加し、記念号をお見送り。

SLには特別なヘッドマークが!かわいいですね。

色々なところでモラりすは立正大学をアピールしているんです!

 

秩父市との包括協定式に参加!

2017年、立正大学は埼玉県秩父市との連携協定に関する包括協定書を締結しました。

締結式には、学長と共にモラりすも出席!

秩父市立正大学の締結式(秩父市役所にて)

この協定をもとに立正大学は、秩父市をふくんだ地域ぐるみで、ますます大学教育・研究を連携させていきます!

 

実はモラりすはこのような重要イベントへの出席を任されていたのです…

みなさん知っていましたか??

 

一緒に式に出席した秩父市のイメージキャラクター「ポテくま

くん」の公式Twitterでもつぶやきがありましたよ(^^♪

(ポテくまくんありがとう♡)

 

その他にも…

その他にも献血活動を手伝ったり、立正大学のオリジナルブランドの日本酒の販売のお手伝い、ネパールとの交流プロジェクトではダンスをしたり…

実はアクティブに広報活動、貢献活動やってるんです!

モラりすの様々な活躍を皆さんはご存知でしたか?

 

これからの活動にもぜひ期待してください(^^♪

 

(文学部社会学科3年 てむ)

 

 

大学生はどのような生活を送っているのか?

 初めまして。立正大学の学生広報に入った文学部哲学科1年のコンちゃんです。
今回、私がこのブログで書くのは「大学生はどのような生活を送っているのか?」です。

 なぜこのテーマにしたかというとこれを見ている高校生に大学の生活に対しての不安を解消させたいと思ったからです。紹介したいことは4つあります。

 

 

  1. 時間割について

小中高との大きな違いは自分で時間割が自由に作れるということです。
しかし、ただ自由に作るわけではなく卒業までに単位が規定数に達するように
作らなければなりません。学部にもよりますが、1年生は6時間目までとることができます。

私の1期の時間割はこうなります。

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20180612202305p:plain

 

この表を見ると大学での空き時間は月、金曜日の2、3時間目となります。

私はこの時間を主に授業の課題をする時間にしています。登校、帰宅する時間も日によって変わります。

 

 

2、授業の内容について

 

私の取っている授業は講義が殆どですが、基礎演習、倫理学は主にグループワークをしています。

グループワークで行う議論はいろいろな人の意見を聞くことで自分の気づけなかったことに気づけます。講義は沢山の知識を教えてくれます。どの授業も時間が過ぎるのがあっという間です。

 

 

3、授業で課題等は出るのか。

 

毎週出ている授業もあります。その中で大きな課題としてはレポートというものがあり、それは主にパソコンを使ってやります。

パソコンを持っていない人もいるかと思いますが、学内の図書館にあるパソコンは自由に使えるので安心してください。私もいつもレポートは図書館で書いています。

 

 

4、大学に入ったら気をつけるべきこと

 

時間割を作る際に授業を選ぶことになったら、自分の興味のある授業を優先して時間割に組んだ方が良いと思います。

そのとき、課題を進めるために授業の空き時間を作ることも頭に入れておくと良いでしょう。

さらに、個人的に大学生活を充実させる、交友関係を広げるためにサークル等の団体に入ることをお勧めします。

 

 

私の入っている学生広報は火曜日と金曜日に活動をしています。これを見ている立正大学の学生、高校生の方で興味があり、来てみたいという人がいれば嬉しいです。

 

 

以上、大学生の生活についてでした。

 

今年もおおたユニバーサル駅伝に参加しました!

6月3日(日)に「おおたユニバーサル駅伝」が開催されました!立正大学からは10名が参加し、駅伝チームをまとめるリーダーとして活動しました。

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20180608174109j:plain

 おおたユニバーサル駅伝ってどんな競技??

おおたユニバーサル駅伝とは、

「違いを認めあい、支えあうことの楽しさを体験するユニバーサルスポーツイベント」です。

 

年齢や性別や国籍、障がいの有無などは関係なく、

誰もが参加し楽しめる駅伝大会となっています!

f:id:RISSHO-RIScafe:20180608173418j:plain

 

1区間約1キロメートルのコースを5区間、5人でタスキをつないでいくリレー競技を行います。

速さを競うのではなく、各チームで目標タイムを決め、そのタイムに近づいたチームを表彰☆彡

f:id:RISSHO-RIScafe:20180608174657j:plain

今年は会場が変わり、大田区の「平和の森公園」で行われ、

緑豊かな環境の中、天気にも恵まれて絶好の大会日和となりました!(^^♪

 

 

参加メンバーの感想

駅伝でチームリーダーを務めた立正大学の学生の感想をいくつかご紹介します(^^)/

  

【今年で2回目の参加でした。去年と会場が変わり、走る際は道幅やでこぼこ道に注意しながら、チームの方々と楽しく走り切ることが出来ました。天気にも恵まれ、多くの木々に囲まれながら気持ち良く身体を動かせたと思います。】

(文学部社会学科3年 すみちゃん)

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20180608175105j:plain

 

 【人と接するのがあまり得意ではないので不安がありましたが、チームの方の助力を得て、楽しく走ることができました。チームリーダーという役割をこなせていたかは分かりませんが、無事に全員が完走できて良かったです。当日は大変暑かったので熱中症が心配でしたが、皆さん大丈夫そうで安心しました。】

(文学部哲学科3年 すぎさん)

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20180608174537j:plain

 

【様々な方々とチームを組んだことでいろいろな話を聞くことができました。またみんなが分からないことはリーダーとして落ち着いて教えることができました。リーダーという役割を通して、この経験を沢山の場面で活かしたいと思います。また来年も参加したいです。】  (文学部哲学科1年 コンちゃん)

 

 

【普段はご高齢の方と話す機会が少なく、しっかりとお話ができるか不安でした。ですが、当日一緒に競技に取り組んでみると自然と話ができるようになり、チームとして大いに盛り上がりました!参加していた皆さんが楽しんでいる様子を見て、元気を貰えたので、次回また参加できたらと思います。みなさんおつかれさまでした!】  (法学部法学科2年 Gamo

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20180608173209j:plain

 

【初めてのユニバーサル駅伝の参加で当初は不安もありましたが、当日は天候にも恵まれ、絶好の駅伝日和となりました。選手の方との交流やお話を通してユニバーサルとは何かと考えさせられ、また一つ自分の視野を広げることができました。】  (法学部法学科1年 シロ)

 

 

 【初めて参加したユニバーサル駅伝。最初はチームメイトとのコミュニケーションを上手く取れるのか不安でした。しかしチームメイトのみんなでに自己紹介をしたり、一緒にチームの名前を考えたりする時間があったことで、本番までにその不安を解消することができました。そして私がリーダーを務めたチームは、見事目標タイムに一番近かったので、表彰をいただきました。チームで目標をもって何かを成し遂げる楽しさを、この駅伝のボランティアを通して学びました。また来年も参加したいです。】  (文学部哲学科2年 くつ)

f:id:RISSHO-RIScafe:20180605145849j:plain

 

【この駅伝大会でとても有意義な体験をさせて頂きました。年齢、障害、国籍の壁を越えて一致団結して走る、そんな姿に社会の理想を見ることができた気がします。是非また参加したいと思います。】    (文学部哲学科1年 あっきー)

 

 

 

大会に参加することで、それぞれが様々な事を学んだり、普段学校にいるだけではできないような経験をすることができたようでよかったですね(^◇^)

以上今年のおおたユニバーサル駅伝のリポートでした!

(文学部社会学科3年 てむ)

 

 

▲pagetop▲