学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

大学生はどのような生活を送っているのか?

 初めまして。立正大学の学生広報に入った文学部哲学科1年のコンちゃんです。
今回、私がこのブログで書くのは「大学生はどのような生活を送っているのか?」です。

 なぜこのテーマにしたかというとこれを見ている高校生に大学の生活に対しての不安を解消させたいと思ったからです。紹介したいことは4つあります。

 

 

  1. 時間割について

小中高との大きな違いは自分で時間割が自由に作れるということです。
しかし、ただ自由に作るわけではなく卒業までに単位が規定数に達するように
作らなければなりません。学部にもよりますが、1年生は6時間目までとることができます。

私の1期の時間割はこうなります。

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20180612202305p:plain

 

この表を見ると大学での空き時間は月、金曜日の2、3時間目となります。

私はこの時間を主に授業の課題をする時間にしています。登校、帰宅する時間も日によって変わります。

 

 

2、授業の内容について

 

私の取っている授業は講義が殆どですが、基礎演習、倫理学は主にグループワークをしています。

グループワークで行う議論はいろいろな人の意見を聞くことで自分の気づけなかったことに気づけます。講義は沢山の知識を教えてくれます。どの授業も時間が過ぎるのがあっという間です。

 

 

3、授業で課題等は出るのか。

 

毎週出ている授業もあります。その中で大きな課題としてはレポートというものがあり、それは主にパソコンを使ってやります。

パソコンを持っていない人もいるかと思いますが、学内の図書館にあるパソコンは自由に使えるので安心してください。私もいつもレポートは図書館で書いています。

 

 

4、大学に入ったら気をつけるべきこと

 

時間割を作る際に授業を選ぶことになったら、自分の興味のある授業を優先して時間割に組んだ方が良いと思います。

そのとき、課題を進めるために授業の空き時間を作ることも頭に入れておくと良いでしょう。

さらに、個人的に大学生活を充実させる、交友関係を広げるためにサークル等の団体に入ることをお勧めします。

 

 

私の入っている学生広報は火曜日と金曜日に活動をしています。これを見ている立正大学の学生、高校生の方で興味があり、来てみたいという人がいれば嬉しいです。

 

 

以上、大学生の生活についてでした。

 

▲pagetop▲