学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

立正大学 学園新聞4月号 Students‘ Voiceの詳細

 

 

こんにちは!

みなさん、4月20日に発行された、

立正大学学園新聞はお読みになりましたか??

 f:id:RISSHO-RIScafe:20180424162924p:plain

学園新聞の14・15面は、私たち学生広報が記事を担当しているんですよ♪

 

学内ではリルポートや8号館、学事課、4号館地下に新聞を置いていますので

是非お手にとってご覧ください!

 

今回はその中のひとつStudents‘ Voiceのコーナーの詳細を紹介します! 

 

 

Students‘ Voiceとは

Students‘ Voiceとは立正大学の学生広報団体のメンバーがアンケートを作成し、

学内で配布・回収することで

直接「学生のホンネ」を集めたものです。

 

今回は、「大学で見つけたやりたいこと」について

品川キャンパスと熊谷キャンパスの学生118名に回答していただきました。

 

授業間の休み時間や昼休みなど、お忙しい中アンケートにご協力していただいたみなさん、どうもありがとうございました(。・ω・。)f:id:RISSHO-RIScafe:20180424160128p:plain

 

夢や目標、見つかりましたか?立正大学生に聞きました「大学で見つけたやりたいこと」

アンケート結果

アンケートの結果118人中

①入学当初からやりたい事をもっていた人が38%(45人)

②大学に入ってからやりたい事を見つけた人は30%(35人)

③まだ見つからない人は30%(35人)でした。f:id:RISSHO-RIScafe:20180424160221p:plain

 

 

代表的な声をご紹介します。

①入学当初からやりたい事をもっていた人

・社会的スキルを身に付け将来は起業する

・障がいを持っている子どもの心理面のサポートをしたい

・教員になる夢を持っています

・大学院に進学して研究を続けたい。哲学とアニメ+文学がテーマ

気象予報士になること。 

・クルマを買うこと。

・宅地建物取引士の資格取得

・演劇をやる、舞台に立つ

・僧侶となる 

 

②大学に入ってからやりたい事を見つけた人

・地域の人と交流をして一緒に何かをやる (イベント企画 開発)

・寺の住職と教職の両立 お寺で住職しながら子供食堂のような子供に寄り添うボラン

 ティア活動がしたい

・自分の学びたい分野をもっと詳しく研究して知識を得たい

・世界一周の夢

・自分が就きたい職業がいくつか見つかった

・心理学検定で特1級か1級をとる。 TOEICで700点以上とる。

・英語を使って日本に関して伝える仕事。 旅行業。

 

③まだ見つからない人

Q.見つけるために足りないと思うものは何ですか?

・もっといろいろな活動を積極的にする

・行動力と将来の自分について考える時間

・お金 時間 勇気 やる気

・何かに興味を持つことへの姿勢

・現実を知ることと自分を見つめなおすことだと思います。また大人の人と話すことも

 大切です。

 

Q.大学からの支援であったらいいなあと思うものは何ですか?

・話しやすいサポートスタッフ  

ポータルサイトから経験談を見られるようにしてほしい

・もっと気軽に先生と話せる機会があればいいと思う

・自立について考える機会

・人と交流できる機会 

・多くの教授や先輩方に話を聞く機会があればいいなと思います

 

回答者の学部別割合

f:id:RISSHO-RIScafe:20180424160702p:plain

 

回答者の学年比

f:id:RISSHO-RIScafe:20180424160736p:plain

 

 

沢山の方に回答頂きました。ありがとうこざいます。!(^^)!

やりたいことをまだ見つけられていない人も、大学生活4年間

沢山の出会いの中で目標が定まるといいですね!

 

▲pagetop▲