学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

「自転車で日本縦断」素顔に迫る(鹿児島編)

 2016年夏休みと2017年春休みに自転車で日本列島縦断を果たした、
市原 岬さん(経済学部経済学科3年)。
後編は、横浜から南へ…鹿児島編をお届けします。

【横浜~鹿児島】2017年3月8日~21日

 横浜~北海道への旅路で、達成感と大きな疲労を味わった市原さん。   
日本最南端へのスタートはモチベーションが上がらないままだったそう。   
当日は自分を奮い立たせ、自宅のある横浜から南へ向けて出発しました。

 


1日目は静岡県沼津市に行き、2日目は浜松市
3日目は愛知県名古屋市まで進みました。

 

4日目以降は峠越えを目標に進み、
京都府兵庫県 加古川市岡山県 岡山市広島県 尾道市広島市の順で
自転車を漕ぎ続けました。

 

冬の自転車旅、準備がとても大切

 自転車での移動は、気候が強く影響します。
2月・3月の寒い時期には、テントに泊まるときの完全防寒は不可欠。
さらに長時間外に出ているせいで、冬にもかかわらず手や顔は日に焼けました。
「日中は汗で冷え、夜は突き刺すような寒さで身が堪えた。
 寒さ対策や日焼け対策など準備が足りなかった」と市原さんは振り返ります。

それでも、旅中に見られる「鮮やかな空模様の写真が撮れたことは、とても満足だった」と語ります。

 

 

いよいよ九州地方へ

9日目からはいよいよ九州入り。
福岡県飯塚市熊本県
熊本市伊佐市鹿児島県鹿屋市
ゴールの佐多岬まであと少しのところまで進みました。

そして横浜を出発して13日目。
ついに日本最南端の「鹿児島県 佐多岬」に到達しました。

到達した直後、「達成感とともに疲労感、そして北海道では感じなかった旅への寂しさを感じた。」と言います。

日本縦断達成! そして・・・

日本最北端を目指した2年の夏休み、
最南端を目指した2年の春休み、前後編に渡ってお届けしてきました。
体力的な厳しさや天候の過酷さに見舞われながらも、
リアルな自転車旅でないと味わえないことがたくさんあったと聞きます。


自転車旅を終えて、市原さんにはどのような心境の変化があったのか。
次回お伝えします。お楽しみに!

■ 横浜~鹿児島へのルートマップ

静岡県島田市の茶畑。
 のどかな風景を見て疲れを癒す。

兵庫県神戸市にて。
 瀬戸内海に沈む夕日が神秘的だった。

岡山県倉敷市
 立ち寄った美観地区はとても風情があった。

 

鹿児島県佐多岬
 旅への達成感と寂しさが入り混じっていた。

 

 

 

■ 取材に答える市原岬さん(経済学部経済学科3年)。
 旅を終えての心境は・・・?

▲pagetop▲