学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

学園新聞7月号 Students’ Voice詳細

 

こんにちは。

先日発行された立正大学学園新聞はお読みになられましたか?

 

本日は7月1日発行の新聞内にある Students‘ Voiceのコーナー詳細を掲載していきます。

 

今回のテーマは「大学内の学修環境」についてです。

 

 

==Students‘ Voiceとは==

立正大学学生広報「RISカフェ」のメンバーがアンケートを作成し、配布・回収することで直接「学生のホンネ」を集めたものです。

今回は、「大学内の学修環境」について、学生102名に回答していただきました。

授業間の休み時間や昼休みなど、お忙しい中アンケートにご協力していただいたみなさん、ありがとうございました。

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20170708211119p:plain

 

1.学部・学科別割合

経営学部や文学部社会学科の方を中心にご協力いただきました。

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20170708211233p:plain

 

 

2.学年比

1年生と2年生が若干多かったです。

f:id:RISSHO-RIScafe:20170708211331p:plain

 

 

3.アンケート結果

●学内で学修する環境を選ぶときに大切にしている条件(複数回答可)

f:id:RISSHO-RIScafe:20170708212152p:plain

 

回答していただいた学生の約7割が「静かさ」を重視しており、ほかの条件より圧倒的に多い結果となりました。

集中して勉強するために必要不可欠な条件のようです。

中には「静かすぎない」適度な雑音があったほうが集中できるという意見もありました。

 

 

ほかには「飲食可能なスペース」や「ネット環境・設備・wi-fi」という条件が挙げられました。

グループ学修や長時間勉強する際に軽食が食べられたり、調べものやレポート作成のためにパソコンが使えたり、ノートパソコンが充電できたりするといった要素を重視している学生もいました。

 

 

●条件に当てはまる施設

 「図書館」と回答した学生が圧倒的で、「静かで集中できる」「明るさ」を重視している学生を中心に大多数の学生が利用しているようです。

 

グループでの討論や勉強には、「RiLL Port」内の「カフェポート」や「トークパレット」、事前予約制の「RiLL Com」を活用しているようです。

 

 

●施設や設備についての要望

  • パソコンの設置台数を増やしてほしい(文学部社会学科2年ほか3名)

 

  • 水でもいいので、コップで飲める機械(ウォーターサーバー)を学食の他にも設置してほしい(文学部史学科2年ほか2名)

 

 

  • 図書館を拡大してほしい(文学部哲学科3年)

 

  • 資格関係の教材をもっと増やしてほしい(経済学部経済学科3年ほか1名)

 

  • 印刷機を「RiLL Port」にも置いてほしい(法学部法学科3年)

 

 

  • 自然光が入る開放的で静かな場所がほしい(文学部哲学科4年ほか1名)

 

上記以外にも

  

  • 足元に余裕のあるコンセントがある場所を作ってほしい(文学部哲学科4年)

 

  • 一人で集中できる場所を図書館以外にもほしい(文学部文学科3年)

 

といった要望や、学修には直接的に関係ない意見として

 

  • 4号館をもう少しきれいにしてほしい(文学部社会学科2年)

 

  • 希望者だけでも荷物を置けるロッカーがほしい(文学部社会学科2年)

 

  • 仮眠室など睡眠ができる場所がほしい(文学部文学科2年ほか7名)

 

 

 

といった声も中にはありました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

▲pagetop▲