学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

おおたユニバーサル駅伝大会 3年連続参加しました!

6月4日(日)に「おおたユニバーサル駅伝大会」が開催され、
RISカフェでは8人のメンバーが学生リーダー、1人が専属カメラマン(笑)として参加しました!
わざわざ写真を撮るためだけに来てくれました。ありがとう!

おおたユニバーサル駅伝とは…

身体障がい者と健常者が競技を通じて、
「違いを理解し、お互いに尊重し、支え合うことの心地よさをスポーツで体験する」
というユニバーサルスポーツイベントです。


1区間 約1kmのコース、5区間を5人の選手でリレー形式にやっていきます。
タイムを競うのではなく、チームで目標タイムを定め、
そのタイムに近づいたチームが表彰されます。

本大会は今年で10回目の開催となり、一つの節目を迎えました。
天候にも恵まれ、絶好の運動日和になりました。

私が参加するのは3回目で、今年度で卒業する(予定)ため学生リーダーとしての参加は最後になるでしょう。
皆勤賞(そんなものはない)をとれなかったことが今になって悔やまれます。
が、来年は運営として参加することはできるとのことなので、末永く付き合っていけそうです。

ちなみにRISカフェには皆勤賞がいます。もはや絶滅危惧種ですね(笑)

 

みなさん今年も元気いっぱい走っていました。
特に小学生の子は速いです! 韋駄天いだてん走りのようでした。
伴走の学生も、車いすを押しながらダッシュしていてパワフルでしたね。
シニアの方なんかは「1kmも体力持たないかも」とおっしゃっていましたが、全然そんな事ありません。伴走していた私が置いていかれそうでした。

チームになると、車いすに乗っているとか、障がいがあるだとかは関係なくなっちゃいます。
タスキを持ってゴールに帰ってきてくれるだけでとっても嬉しいのです。

来年は、大田スタジアムが改修工事されるみたいなので、別の場所で開催されるそうです。
いつかまた、大田スタジアムでできるといいですね。

立正大学4年 荒屋 環)

▲pagetop▲