学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

学生の一週間 後編〈仏教学科 きのこの場合〉

みなさん いかが、お過ごしでしょうか?

私はGWに帰省したり、友人と遊んだり、

好きな勉強をしたりと充実した毎日を過ごしています。

学生の一週間について、きのこと佐竹で前後編でお送りいたします。

 

前編 仏教学科 きのこの場合

大学入学をきっかけに1人暮らし。

アルバイトをしつつ大学に通っています。

5月8日 月曜日

月曜一限の授業……正直起きられない……。

あさごはん、おひるごはんの生成を諦め、玄関を出ます。

それでも間に合うので、東急池上線沿線で駅からも近いこの家にしてよかった。

 

・一限:『文学入門』

 この授業では、竹取物語を読んでいます。

 古典の面白さを学ぶことができる有意義な時間です。

・二限:『空きコマ』です。

・三限:『学習の基礎』

 立正大学の成り立ちやノートの取り方、など広い範囲で学びます。

・四限:『仏教学基礎』(通称「ブッキソ」)

 仏教について、というより、仏教にのっとった物事の捉え方を学びます。

 

 

5月9日 火曜日

火曜は一番ぎちぎちなスケジュールです。一限から四限まで連続で授業です……。

 

・一限:『仏教入門』

 ブッキソとは違い、こちらは本格的に仏教の事を学びます。

・二限:『心理学』

・三限:『社会学概説』

・四限:『哲学』

 一番好きな授業です!
 万物の原理について考えたミレトス学派について学びました。

 

5月10日 水曜日

水曜は全空き人間です!徒歩一分のバイト先に向かいます。

時給と近さで決めたら、なかなかの激務ですが、どうにかなります。

頑張っています。

15時ごろに帰宅し、RISカフェの原稿を作ったりします。

 

 

5月11日 木曜日

唯一の一限空きの日です。

前日に夜更かしをすることが多いので遅起きをします。

朝昼兼食を食べて大学へ行きます。

・一限:『空きコマ』

・二限:『英語』

 キリストの起源についてのオペラを鑑賞したり。

 なかなか凝った授業で毎回楽しく受けています。

 二限と三限、連続授業です。

・四限:『アジア文化史』

 インドの文化について学んでいます。

 

それから帰宅してバイト先に向かいます。20時ぐらいまで働いています。

結構疲れますが、趣味のためと思えば、頑張って働くことができます。

 

5月12日 金曜日

前日のバイトでへとへとなので、また朝ごはんとお昼ご飯を作るのを諦めて駅へ向かいます。たぶん 流れができれば動けるようになるはず…と思っているのですが、なかなか手際よく事を進めることができませんね。めざせ 優雅なブレックファースト!コーヒー片手にトーストかじるとかしてみたいですね。

 

・一限:『東洋文化史』

・二限:『空きコマ』

・三限:『空きコマ』

・四限:『ドイツ語』

・五限:『図書館概論』

 

ドイツ語はなかなか難しいですが、学んでいて楽しいです。

図書館概論は司書資格を取るための授業。パワーポイントを読んで説明を聞く授業です。

 

 

5月13日 土曜日

基本的に授業もなく、バイトもない、週で一番ゆったりした一日です。

友人を夕飯に誘ったりもします。誰かと一緒にご飯を食べれるのは幸せですね。

ちなみに、1人暮らしなので夕飯は一応毎日自炊しています。

得意料理は鶏肉のチリソースと揚げ出し豆腐です。どうぞ御贔屓に!!!

 

 

5月14日 日曜日

バイトを入れる日です。

早く仕事を身につけてしっかり働かなければなあとつくづくおもいます。

私は今までアルバイトをしてこなかったので、初めてのバイトです。

周りの人がみんなやさしいので、これからも続けていきたいなともいます。

 

 

仏教学部の中でも宗学科と仏教学科があり、わたしは仏教学科に所属しています。

勘違いされがちなのですが、お経を唱える授業等はありません 

わたしはとっていないのですが、サンスクリット語を学ぶ授業があったりと、授業がバラエティに富んでいて面白いと思います。

高校の授業と比べると、受け身で学んでいるだけでは間に合わないところがあると、痛感しています。

いかがでしたか?

大学では様々な学びがあり、毎日楽しく生活しています。みなさんのお話もまた聞かせてください。

 

きのこでした。

twitter.com

▲pagetop▲