学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

新入生に大学をもっと活用できる情報を紹介します!

 

こんにちは!

4/1号学園新聞16面に掲載した

「大学をフルに活用するためのおトク情報特集」

読んでいただけましたでしょうか?

 

まだまだ馴染めず、日々精進している新入生に追加情報をお届け!

今回は、

・品川区が運営する「品川健康センター」

・品川キャンパス6号館「学生食堂スエヒロ」

・熊谷キャンパスの「立正大学博物館」

以上の3か所を取材してきました。

 

 

品川健康センター

品川健康センターは、

品川区が様々な「健康づくりに関する事業」として提供している

トレーニング施設です。

f:id:RISSHO-RIScafe:20170428175504j:plain

 

設備の良さ

今回私が特にオススメしたいのは、ジムのコーナーです。

ランニングマシンから筋トレのマシンまで多様なマシンが併設されており、

気軽に運動しながら、健康作りができます。 
 

自分の体を測定することが出来ること

品川健康センターでは『体組成測定』と『骨硬度測定』というものがあり、

筋肉量や体脂肪量、骨の硬さを測定することができます。

利用料がかかりますが、スタッフの方々に声をかければいつでも測定できるとのことでした。

 

学生には嬉しい料金の圧倒的安さ

健康センターの利用料金は一回当たり500円。入会金も不要です。

この多様な設備やサービスを品川区在住でなくてもワンコインで利用できるのです。

また、ジム以外でも様々な講座が健康センターでは開設されています。

 

新生活でちょっと疲れた時に、利用してみるのはいかがでしょうか?

 

【品川健康センター】

TEL:03-5782-8507

住所:〒140-0001 品川区北品川3-11-22 品川保健センター4~7階
   ※ 駐車場はありません
アクセス:京浜急行 新馬場駅(北口) 徒歩2分東急バス

     大井町駅東口から「渋谷」行き「新馬場駅前」下車

 

立正大学博物館

熊谷キャンパスの敷地内にある立正大学博物館は、

立正大の学生や研究者向けに建造された博物館です。

f:id:RISSHO-RIScafe:20170425122703p:plain

 

夏休みに行われる博物館実習では、実際に展示物を使用しながら

梱包作業や中国の瓦を用いた拓本作業や、収蔵品の台帳カードの作成、

刀剣の取り扱いなど、実習ならではの経験を得ることができ、

実習はゼミや考古学研究会に所属することで実習に参加できます。

 

博物館の一年間の行事報告が掲載されている立正大学博物館年報』

年に2回発行される万吉まげちだよでは、

先生方の研究発表が掲載されており、レポートや卒論に役立ちます。

(※これらの書物は、博物館のみでの閲覧となっております。)

 

興味がある学生は、ぜひ立正大学博物館へ!

立正大学-博物館HPはコチラから

 

学生食堂スエヒロ

品川キャンパス6号館の学生食堂スエヒロ

高級ステーキハウス店スエヒロが運営していることで知られています。

f:id:RISSHO-RIScafe:20170425122725p:plain

 

スエヒロは日々新しいメニューに挑戦しています。

値段も安価ながら、とても満足できるメニューばかりです。

 

定番メニューの唐揚げの他に、

新入生を歓迎したフェアも開催しております。

 

「新入生フェアでは、普段とは違ったメニューを提供し、

もっとたくさんの在校生や一般の方々に食べてもらいたい。」とのこと。

新入生フェアは4月の第4週に開催です。

 

スエヒロでは、ご当地メニューや

季節に合わせたメニューの企画を、月に一度企画して提供しています。

スエヒロの今後の企画をお楽しみに!

 

ボリュームたっぷりの学食を、ぜひ一度食べに来てください。

 

 

いかがでしたか?

あまり知られてないことや初めて知ったことなど

今回のおトク情報が読者の皆さんの役に立てば嬉しいです!

 

社会学科2年の住田でした!

 

▲pagetop▲