読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

ユースフォーラムを開催する学生たちの想い ~意外と身近にある人工知能~

イベント コラム

 

  将来、人工知能やAIが7割近くの仕事を奪うことをご存知ですか? 

 

今回、ユースフォーラムを企画した学生たちは、人工知能が意外と身近にあることを伝えたいと考えています。

f:id:RISSHO-RIScafe:20161209175450p:plain

橘花祭にお越しいただいた106人を対象に実施したアンケートより

 

楽しく学べる人工知能

 

去年のユースフォーラムは、憲法9条の改正問題や、選挙権が18歳まで引き下げになるなど、若者も知識を得なければならなくなった「選挙」がテーマでした。

 

 

rissho-riscafe.hateblo.jp

rissho-riscafe.hateblo.jp

 

 大盛況に終わった去年のユースフォーラムを経て、今年も2016年にふさわしいテーマにしようと、最初に話題に上がったのは「防災問題」。今年、地震の少ない九州地方で起こった熊本地震は多くの被害をもたらしました。けれども、防災についてはメディアでも多く取り上げられ、すでに私たちには身近で知識としても新しくないかもしれないと断念。

 

また多くの話し合いを重ね、より日常では知り得るのが難しく、しかし未来の生活に直結するような講座をと、「人工知能」や「AI」をテーマにしようと決定しました。

 

 去年に発売されたヒト型の感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」を始めとして、お掃除ロボット「ルンバ」など多くの人工知能を搭載したロボットが登場しています。今はショッピングでの案内や、エアコン・冷蔵庫といった家電にまで人工知能に触れる社会となりつつあります。人工知能は私たちにとって身近な存在になっているのです。

 

ユースフォーラム【人工知能の野望 ~掃除ロボットから総理大臣まですべてがAIになる日~】は、身近になった人工知能の現状と将来を、詳しく学べるようにと企画しました。次々と進んでいく人工知能が、実生活にどのような恩恵と脅威をもたらすのか……。

 

今まで触れてこなかった知識についても、楽しく学べる環境にしたい。そういった想いで、メンバーは本ユースフォーラムを企画し、開催準備に取り組んでいます。

 

教えられるだけの環境にはしない

 

 ユースフォーラムでは、講師に、公立はこだて未来大学松原仁(まつばらひとし)教授を迎え、ただ講演を聞くだけではなく、学生たちと共にパネルディスカッションも行います。Q&Aのような一問一答のような場ではなく、哲学科などの多種多様な学部学科の視点から人工知能について話し合える場にしたいと思っています。

 

ディスカッションの内容は、

・「AI(人工知能)が活躍し、共存する社会について」

・「AIは人間を超えるのか?」

 

あなたはどう考えますか?

人間とAIは友達になれるのか、人間はAIに依存してしまわないのか、人間にしか出来ないことは何か、といったことについて触れていきたいと考えています。期待と同時に不安をももたらすAIについて、話し合います。

 

 「人工知能やAIについて」は今や企業も注目している話題。公開講座に参加して、就活やこれからの進路についての助けになってくれればと考えています。

 

参加して良かったな、と参加者の方々に思っていただけたときこそ、本ユースフォーラムは成功したといえるでしょう。

 

↓お申込みはこちらのブログから行えます↓

rissho-riscafe.hateblo.jp

 

▲pagetop▲