読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

春のイベント『花まつり』ってなぁに?

 入学式や入社式といった出会いの季節。

立正大学では、毎年この時期に『花まつり』というイベントが開催されます。

 

 f:id:RISSHO-RIScafe:20160412153835p:plain

 

~『花まつり』とは?~

 

花まつり』が開催される4月8日は、お釈迦さまの誕生日です。

お釈迦さまが生を受けられたときに、産湯(誕生してすぐに浸かるお湯のこと)の代わりとして天から香水がそそがれたといいます。

そうした伝承に従って、誕生仏(タンジョウブツ)に香水をそそぐ儀式“灌仏(カンブツ)”が広く行われるようになり、立正大学でも甘露の香水である甘茶をそそぐ儀式が行われているのです。

 

 

~RISカフェメンバーも『花まつり』最終日に参加してきました~

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20160412154141p:plain

 

(東急池上線)大崎広小路駅の近く、山の手通り入口に花御堂はありました!

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20160412154228p:plain

 

この花御堂は、お釈迦さまが誕生された『ルンビニーの花園』を再現しているとのこと。

誕生仏を囲むように飾られているお花がとてもきれいでした。

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20160412154915p:plain

 

仏教学部の学生さんから教えていただいたところ、甘茶は一人3回そそぐのだそう。

3年生にして初めての体験だった私は緊張してしまい、そそぐ腕がプルプルしました…!

 

だれでも参加できるこの行事では、セレモニーや甘茶の配布も行われています。

次回は、来年の4月。品川キャンパスだけでなく熊谷キャンパスでも行われていますので、ぜひ参加してみてください!!

 

以上、岩戸でした!!

▲pagetop▲