学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

私の大学生活報告 ver.Moe.N

こんにちは、Moe.Nです。

 

最近、朝起きると寒いことが多くて、大学に着ていく服装が難しい季節だなと感じる毎日です。寒がりなのでもっと寒くなることを考えるとちょっと憂鬱ですね*1

 

さて、今回は私の大学生活についてちょっと書きたいと思います!

 

私は文学部の史学科に通っています。二年生です。

 

・「史学科」の学びについて

立正大学史学科は、幅広く歴史を学べる学科だと思います。

日本史・西洋史・東洋史・考古学の四つの分野を網羅し、なおかつ全て選べる学科なのはけっこう珍しいんじゃないかと思います。

 

全て選べる、というのは史学科のカリキュラムにあります。

一年生のときは四つの分野から自由に選択が可能だからです。

もちろん、一年の間に自分の好きなことを中心に学んでも良し、まだやりたいことが決まっていないなら全部の分野を選択することもできます。

 

私は入学前から西洋史をしたいと思っていたので、西洋史を中心に、東洋史や日本史を学びました。

 

友達の中には、西洋史を学ぼうとして入学したけれど、東洋史の魅力に気づいて路線変更した子もいます。

こんな自由なところ、他にあまりないんじゃ・・・?

 

 

・専門的な学び「ゼミ」

 

やっぱり気になるのは教授のより近くで学べる“ゼミ”じゃないでしょうか。

 

史学科では二年生からゼミを行います。

一つのゼミには(教授や分野の人気にもよりますが)14~20人程度の学生が入ります。人数が少ない中で講義が進むのもゼミの特徴ですね。

 

私は西洋史のゼミに入っています。

念願叶ってとても嬉しいです(*^-^*)

 

やっぱり自分と同じように歴史が好きな人ばかりなので、ホーム感があって過ごしやすい。

私のゼミではLINEでグループをつくって、試験終わりなどには一緒にご飯に行ったりします。教授も来てくれたりして、とても楽しい!

 

さて、西洋史のゼミに入るうえで重要なのは英語力。

海外の歴史を勉強するのだから、英語できないとってことですね。

 

ですが・・・私は英語が中学のころから大の苦手!!!

 

テストで良い点数をとれたためしがない・・・orz

 

それでもゼミ内で英語指導もしてもらえているから、なんとかなってます。

英語苦手でも大丈夫、努力は必要だけれど、支えてくれます(*'ω'*)

 

ゼミでは個人発表やチーム発表など、課題もありますが、好きなことだからやるのがとても楽しいです。

f:id:RISSHO-RIScafe:20151127122518j:plain

 

歴史好きな人は、それを極められる場所なのでオススメ。また、中高では理解されなかった歴史トークも出来ますよ(*´∀`)b

 

 

・資格もとれます

 

文学部の学生は資格に必要な講義も並行してとっていることが多いです。

たとえば、博物館などの学芸員の免許、図書館司書の免許、教員免許などなど。

 

私は教員免許(中高社会科)の取得を目指して取り組んでいます。

 

正直、正直に言いますね。・・・正直、すごい大変です!

 

一年生の時は楽だったんですが、二年生になってからとらなければいけない講義が一気に増えました。もう忙しいのなんのって。

でも、教育の勉強も面白いので頑張って続けています。

f:id:RISSHO-RIScafe:20151127122535j:plain

 

やる気が大事な部分です。あ、私の話は教員免許の場合に限りですが。

 

先輩がいればその話を聞きながら考えるっていうのもアリだと思います。

 

 

・普段の生活

大学に入って気になることといえば、友人ができるかどうかですよね。

私は多くはないですが、困らない程度の友人を作ることはできました。

やはり、それは同じ講義をとっていることが多い子に話しかけたり、RISカフェで出会った人たちであったり、資格に必要な講義で会った人であったり・・・。

人付き合いは決して得意ではありませんが、やはり自分の好きなことを隠さずに接していれば、自然と同じ趣味をもった友人なんかができていました。何か隠そうとすると、それは敏感に相手に伝わっちゃうと思います。

 

もし、この記事を読んで、大学生活に気の合う人がみつからないなぁって人がいたら、RISカフェに来てみてください。それすらも出会いで、きっかけになると思います。

 

大学生活のなかでも、勉強についてを中心に書かせてもらいました。

せっかくの大学生活なので、思いっきり勉強したい。それは私の価値観ではありますが、少しでもこの記事が読む人に響けばいいなと思います。

 

Moe.Nでした。

*1:>-<

▲pagetop▲