学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

橘花祭レポート②

こんにちは!

学生記者の玉兎です。

 

今回は前回の橘花祭レポートに続いて2日目を紹介したいと思います。

橘花祭2日目は日曜日ということもあり、親子連れさんから受験生、OB.OGの方、お年寄りの方まで様々な方たちに来場していただき、盛り上がっていました。

 

では、早速紹介をしていきたいと思います。

まずは、A.E.T PRODUCEさん!

お笑いと演劇をやっている、マルチなサークルです。

橘花祭では、お笑いライブと演劇公演をしていました。

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20151113173138j:plain

f:id:RISSHO-RIScafe:20151113173204j:plain

代表さんにお話を伺ったところ、「多くの人を笑顔にしたい」という橘花祭での目標に向けて、言葉の表現は的確か・本当に面白いかを考えてネタを作ったとのことです。

私も少しお邪魔して、お笑いライブを見させていただいたのですが、どのコンビさんも独特な個性があって、すごく面白かったです( *´艸`)

外部での公演もなさっているそうなので、機会がありましたら是非観に行ってみてくださいね!

 

次は、映画制作部さん!

f:id:RISSHO-RIScafe:20151113173329j:plain

涼しくなってきたこの頃、映画を観るにはぴったりの季節になってきました。

映画制作部では、橘花祭で上映した映画を学内外で100人以上の部員で本物の映画のような音や演出にこだわって撮影をしたそうです!

今回は日常ホラーや踊りの多いPVのような映画を上映していました。

代表さんは橘花祭に向けて一ヵ月の制作期間をかけて、部員で一致団結することができたと話してくれました。

橘花祭ではいつもの活動を見てもらいつつ、外部から来た方々に意見をいただいて参考にしていきたいそうです。

 

 

最後に現代写真部さん!

部員さん達の撮影した写真のパネル展示をしていました。

f:id:RISSHO-RIScafe:20151113173554j:plain

f:id:RISSHO-RIScafe:20151113173437j:plain

作品は撮影した部員によって様々(^^)/

何故なら展示のテーマは、部員の個性を重んじるために決めていないそうです。

橘花祭では、普段は外部の展示が多いのですが、今回の内部の展示は普段より出しやすいため、部員たちが作品を出すきっかけになることができたと副部長さんからコメントをいただきました。

現代写真部さんは外部の来場者の方々の投票によって決まる、教室企画の最優秀賞に輝いていました。おめでとうございます!

 

 

 

以上で橘花祭2日目のレポートを終了します。

橘花祭2日目に行われた一大イベントであるミスコンは学園新聞にて紹介をする予定です!

1月に発行される学園新聞を楽しみにしていてくださいね(^◇^)ノシ

取材に協力してくださった皆さん、ありがとうございました!!

 

 

▲pagetop▲