読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

立正大学 品川キャンパス 橘花祭準備!

文化祭が始まります!

 

こんにちは!

学生記者の玉兎です。

 

明日から立正大学品川キャンパスの文化祭橘花祭』(10月31日~11月1日)が始まります。

そこで、今日はその準備に取り掛かる参加団体やサークルにおじゃましてきました。

普段では見ることができない文化祭の舞台裏を見ることで、当日はもっと楽しくなること間違いなしですね!

 

まず、テンドウ先生(英文科)のゼミでは、終始明るくゼミ生さん達が準備を行っていました。

かわいいメイドさんもいらっしゃいました。写真を撮る際にはポーズを決めてくれてサービス精神旺盛!

教室内には音楽が流れていて学生はノリノリに踊っていました。

当日には外国から取り寄せた飲み物などを販売するそうですよ。

取材をさせていただいた私も一緒に楽しませていただきました。

 

次は漫画研究会。皆さん真剣に明日の展示に向けて作業をしていました。

大きな模造紙に各自素敵な絵を下書き無しにマジック一本で描いていました。

教室内には学生のイラストが展示され、黒板には一度は見たことがあるキャラクターが勢ぞろい。前には漫画研究部作成の冊子とイラストカードが並べられていました。

 

3つめは普段は演劇とお笑いライブを中心に活動しているA.E.T.Produce。

明日の演劇とお笑いのライブのために暗幕を設置していました。

広い教室で行われる舞台を想像すると、今からワクワクします!

ライブでは多いときは100人も集客するそうです。当日も大盛り上がりするのではないでしょうか。

 

4つめは古文書研究会です。デリケートかつ貴重な資料を展示しています。光を遮断しなければならないので、暗幕設置に余念がない様子でした。

代表の学生から展示品や展示方法の丁寧な説明をしていただきました。準備中の教室の入り口には先代の先輩が残してくれたが見守っていました。

 

演劇部=劇団夢民=では大道具・照明・音響・脚本の部員さんが作業真っ只中!

本格的な機材を調整したり、ペンキなどを使って大道具を作っている姿はプロそのもの。演目も初めて観劇する方も演劇の世界に入りこめるように工夫がされているそうです。

 

歴史研修会では展示の制作中!各自持ち場を決めて、大きな模造紙に文字を書いたり絵を描いたりしていました。当日には部員が各々で好きな歴史のテーマでまとめた会誌の配布もあるようなので、歴史好きにはたまらないですね!

 

現代写真研究部は大きな教室で部員たちが撮影した写真をパネルで展示するそうです。

取材したときには写真をパネルにしていました。作業するその姿は真剣そのもの。先輩が後輩にやり方を教えたりと、部内で受け継がれる技術を拝見させていただきました。

 

リーディングラボは読書研究サークルです。今回は文豪についての展示をするそうです。

少人数のサークルですが、活動や準備している様子からも真面目な印象を受けました。

 

会誌は夏目漱石をはじめ様々な種類がありました。内容は濃くて読み応え抜群!

二日目には外部の先生を読んで朗読会を開くそうです。

 

品川キャンパスで11時から行われます。皆さん是非来てください!

▲pagetop▲