読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

教師を目指す学生にアンケートを行いました!



11665530_1466454060337435_1401018400895337277_n[1].jpg を表示しています

  立正大学では毎年数多くの先生を輩出しています。そこで彼らが何を考えて、教員免許を取ろうと思ったのか、また教師になるためにはどのような勉強をすればいいのか納豆くんがアンケートを行いました。

――――教員免許を取ろうと思ったきっかけと理由を教えてください。

高校3年の時の担任の教師が進路の相談にのってくれた経験から、私も先生と同じように悩んでいる教師を助けられるような人になりたいです」
「次の世代を担う子供たちを育ててみたいと感じたからです」

――――どのような授業がありますか。また何が大変でしたか。

卒業する為に必要な単位として認定されない授業があることが大変です」
「教育の歴史から始まり、教育の法律、教職員の法律、心理学、現代の教育問題など学ぶことが沢山あります」
「グループワークを行ったり、毎回教育関連の記事に対する自分の意見を書いたりします」

――――教師になるとしたら、何をしたいですか。

「悩みを打ち明けられる教師になりたいです」
「何か悪い事や迷惑をかけるような事があれば、きちんとこれからの身になるように叱っていけるような教師が理想です」
「生徒が授業を受けさせられるのではなく、生徒から率先して学びたくなるような授業を心掛けたいです」

 アンケートを終えて

 教師を目指す学生たちからは、教育に対する強い意志を持っています。何より学生たちは生徒とコミュニケーションを取って一緒になって悩みを解決したいと思っていました。生徒との信頼関係を築くことを大切にしているようです。

 RISカフェメンバー・納豆くん

▲pagetop▲