学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

おおたユニバーサル駅伝に参加をしてきました!

皆様こんにちは立正大学RISカフェスタッフのえにぃです。

 

本日は5月31日(日)に開催された、「おおたユニバーサル駅伝」についての活動報告をさせていただきます。

 

この大会は子供から大人まで、小学生や中学生、お年寄りや障がいを抱えている方たちと団結をし、共にゴールを目指し世代などを超えて交流をするといったものです。

RISカフェスタッフからは私を含め4名、大学内からの有志の方々が十数名が参加しました。

 

駅伝大会数日前まで雨の予報でしたが、当日は見事な快晴。皆の「雨、降らないで!」という願いが届いたのかもしれませんね。

チームリーダー、伴走者、選手という三つの区分の中から、私たちはチームリーダーとしてこの駅伝大会に関わりました。

 

役割はその名の通り、チームを引っ張って大会をスムーズに進行できるように行動をするといったものです。

 

正直最初は「上手く仕事をこなせることができるのか」と少々不安になりました。

 

しかし、他のチームリーダーと協力することにより大きなトラブルもなく無事に最後まで役目を果たすことができました。

そして代理で伴走者として走っている際に、共に走っている障がいを抱えた方が、選手をサポートする身の私のことを「大丈夫ですか?」と私の体のことまで案じてくださった時には胸が熱くなりました。自然と顔が笑顔になったのを未だに覚えています。

 

伴走する人が選手の身を気にするのは当然のことですが、まさか伴走する私の身を案じてくれるとは……。

選手の方たちは皆、当日の太陽のように非常に暖かな心の持ち主でした。

もちろん、選手以外の方たちもですけどね。

 

「ありがとう」という言葉が色々なところから溢れた駅伝大会でした。来年も是非参加したいと思います。

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20150702220916j:plain

 

f:id:RISSHO-RIScafe:20150702220844j:plain

▲pagetop▲