読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学生が語る立正大学ブログ

立正大学を学生目線で発信!学科の魅力、行事、公開講座…日々の学生生活をお伝えします。

ネパール大震災義捐金レポート

 

f:id:Rissyou-RIScafe:20150527160004j:plain

 立正大学の学生が、被災したネパールを支援するために義援金を募る活動をしていたので、インタビューに行ってきました!
5月26日の参加者は25人で学部を問わずに集まっていました。

――この募金活動をどのように知りましたか。
ニュースでネパールが震災に襲われていたことは知っていました。募金活動をしようと思ったのは部活の先生から誘われたからです。
「部活の先輩から誘われました。」

――どのような想いで募金活動を行っていますか。
「自分たちも東日本大震災で海外から支援をしてもらったから、私たちも支援しようと思いました。」
「苦しい思いをしている人がいるから、助けになればいいなと思いました。」

――皆さんの反応はどうでしたか。
「思ったよりも、意外に募金してくれる人が多かったです。」
「スルーする人も多かったけど、多くの人が募金してくれてありがたかったです。」


インタビューを終えて
 この募金活動にについて、私は当日に知りました。27人の学生が五反田駅周辺で集まって何組かに別れて、大きな声を出して募金活動を行っていました。

 募金をしてくださった人たちは東日本大震災の時に、日本が受けた支援に感謝し、できることしようとされていたように感じました。参加者たちはそれぞれに何か胸に来るものがあり、募金活動に当たっていたようです。

 次の五反田駅周辺での募金活動は6月2日(火)3日(水)4日(木)の夕方に行われるので、ご協力お願いします。6月7日(日)にも募金活動は行われます。


 インタビュアー・「RISカフェ」メンバーの納豆くんがインタビューに行ってきました。

▲pagetop▲